トラネキサム酸市販薬

トラネキサム酸で上唇付近の肝斑が1ヵ月、顎部分のシミは3ヶ月で消えました。

トラネキサム酸を購入した理由は

 

40歳に近づいたころから、顔にシミが浮かび上がりとても大きな悩みとなっていました。

 

それもひどい事に、最初は上唇の近くの1箇所だけだったのですが、狙い済ましたかのように対角線上の顎部分にもできてしまい、否応無しに加齢の重みを味わわされたのです。

 

形状は醜く、いわゆる『肝斑』と呼ばれるシミです。

 

最初は化粧で誤魔化していました。

 

ですが、塗りたての朝はうまく隠せても、お昼を過ぎや夏場の蒸し暑いシーズンでは気がつかないうちに浮かびあがってくるのです。

 

仕事で忙しい時などは化粧直しもできませんから、最近は表に出ることそのものが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

そこで利用した製品がトラネキサム酸です。

 

 

シミの治療、特に肝斑に対して強い効果を発揮する事で評判でしたから、期待に胸を寄せながら利用を決めました。

 

購入した製品は個人輸入で手に入れた含有量の多いタブレットタイプで、国産品と比べて強烈な効果を発揮する事で知られている製品です。

 

価格も国産品のものより安くて量が多いので、非常にお得だと感じました。

 

ですが、効果を発揮するまでには多少の期間を要しましたので、これから利用する方は注意すると良いかもしれません。

 

飲んですぐにシミが消えるわけではなく、段々と薄くなってくる印象の製品です。

 

参考までに私の肝斑が消えるまでにかかった期間を述べますと、上唇付近のものが1ヵ月程度、顎部分のシミは3ヶ月もかかってしまいました。

 

ですが、効果は緩やかながらもしっかりと消えてくれますし、シミ跡も残りませんから、今では使って良かったと感じています。

 

>>トラネキサム酸をこちらから購入しました。

 




しつこいもやもやシミがトラネキサム酸で薄くなりました。

トラネキサム酸は医療用に長く用いられてきたアミノ酸の一種で、止血・炎症どめ・抗アレルギーなど、さまざまな作用を持った成分です。

 

 

安全性が非常に高く、副作用はほとんどありません。

 

また、美白効果もあり、気になるシミ対策にも有効な成分とされています。

 

シミにはいくつかの種類がありますが、なかでも厄介とされるのが「肝斑」と呼ばれるものです。

 

肝斑はもやもやとした左右対称のシミで、頬骨やおでこの辺りにできやすいです。

 

消すのが難しく、がんばって消しても再発しやすい厄介なシミで、女性ホルモンとの関係が指摘されています。

 

トラネキサム酸は抗プラスミン作用をもっているため、紫外線を浴びたお肌がメラニンをつくり出すのを抑え、シミができる前の段階で効果を発揮します。

 

一度できてしまったらなかなか消えない厄介なシミ……それができてしまう前に働きかけるのです。

 

こうした高い美白効果が認められ、トラネキサム酸は市販の美白用化粧水や美容液、クリーム、日焼け止め、ファンデーションなどに多く用いられています。

 

トラネキサム酸はもともと止血剤として用いられており、長期間にわたって医療用成分として認められてきました。

 

その安全性はお墨つきで、副作用を気にしなくても大丈夫。

 

ただし、例外として、心筋梗塞・脳血栓・血栓性静脈炎などを患っている方の場合には、医師と相談し、使用するかどうか慎重に決める必要があります。

 

最近では、美白・シミ対策に「飲む」トラネキサム酸の市販品も登場しています。

 

しつこいシミにお悩みの方は、トラネキサム酸の市販品を一度試してみてはいかがでしょうか。

 

>>トラネキサム酸をこちらから購入しました。