トラネキサム酸 生理出血

トラネキサム酸を使うと生理の出血が減ることがあります。

トラネキサム酸は現在は美容のための成分として有名になってきています。

 

しかし、その昔は別の用途で使われていたものなので、美容以外の効果も持っています。

 

以前は、実は止血をするときに使われていたのがトラネキサム酸です。

 

そして、その影響はもちろん今も残っていますから、トラネキサム酸を例えば美容目的で使用しても、止血効果も同時に現れる可能性があるということです。

 

具体的に言うと、女性の生理のときに出る血液の量に違いが出てきます。

 

従来に出る血液の量と比較して少なくなるというのは、一般的な報告です。

 

これはトラネキサム酸が持っている止血効果による影響を言わざるを得ないでしょう。

 

ただ、生理のときの出血の量が減っているからといって、直ちに何か問題が起きるわけではないのですが、それを知らないでいると、あれ?と思うことがあるかもしれないのです。

 

そういう副作用のようなものがあることを知っていれば、生理のときに出血量が減っていても、別に何とも思わないかもしれません。

 

ただ、そういう副作用を知らないで使用していて、ある日突然出血量が減って、それがずっとそのままだと、何か身体に異常が起きているのか?と思ってしまう人がいるかもしれないのです。

 

基本的にトラネキサム酸を使っている限りは、その副作用が継続的に出る可能性がありますが、使用を止めればまた元に戻るとされています。

 

だから、トラネキサム酸を使ってびっくりしないように、そういった副作用についてもあらかじめ知っておきましょう。

 

(神奈川県 電気イルカさん)

 

>>トラネキサム酸をこちらから購入しました。