シミ ネガティブ

シミのせいで性格がネガティブになってしまいます

10代の頃は全然シミなんかなくて、20代前半もまだまだ白い肌を保てていました。

 

しかし20代半ば頃から、どんどん肌の調子が悪くなってしまったのです。

 

気付くと鼻の辺りや頬に出来ている、大小様々なシミ、色も濃い茶色で結構目立ちます。

 

20代後半の現在はこのシミのせいで、スッピンでいると年齢を5〜6歳は上に見られてしまいます。

 

シミなんてなかった頃は、童顔なおかげで7〜8歳は若く見られていたのに、ととても悲しい気持ちになるのです。

 

外へ出る時は、必ずメイクをしています。

 

そうじゃないとシミが目立って、せっかくヘアメイクしても綺麗な服を着ても、全然似合わなくなってしまうからです。

 

メイクもシミを隠そうとするあまり、自然と濃くなります。

 

下地クリームもコンシーラーもファンデも厚塗りするせいか、毛穴つまりは頻繁に起こります。

 

そのせいでニキビも出来てしまって、ますます肌が汚くなってしまうのです。

 

ニキビも綺麗に治りきらなければ、色素沈着をおこして跡になります。

 

赤いニキビ跡がシミのように幾つも肌にあるので、それもかなりの悩みです。

 

交際している彼氏には、まだスッピンを見せられていません。

 

宿泊旅行へ出掛けても、彼が寝ている間に急いでメイクをしています。

 

仲の良い友人との宿泊旅行であっても、絶対スッピンは隠します。

 

「全然肌汚くないよ」「気になる程じゃないよ」と励まされるのですが、それでも嫌なのです。

 

何だかシミのせいで、心も暗くなってしまいます。

 

もっとシミを気にせずに明るく過ごしたいのに、と悲しいです。

 

(大阪府 あすかさん)