若いシミ

油断禁物だった!若くてもシミ!

私はもともとの体質なのか、はたまた東北出身なのでその地域性なのか、周りから肌が綺麗だと言われてきました。

 

特に日焼けをすることもなかったので、周りの女の子たちが焼けるのを気にして日焼け止めを一生懸命に塗っている時も私は大丈夫だと塗ったことがありませんでした。

 

実際、赤くなるだけで焼けなかったのですから。

 

なんて、余裕だったのもそのときだけ。

 

焼けなかったにしても、そのあとこんなことになるなんて…。

 

20歳を超えた頃、肌に異変が。

 

確かに20歳になると体の節々が痛くなるとか、傷が治りにくくなるとか、いろいろ聞いてはいたけれども…。

 

なんだか肌に茶色いシミがで始めたのです。

 

いつからで始めたのか、そこまで大きいものではないのですが、化粧ではなかなか消えない!

 

ビタミンがいいと聞いてサプリメントを飲んでみたり、チョコラBBも試してみたけどやっぱりダメ。

 

うーん、手強い。

 

最初はそんなに濃くなかった化粧がどんどん濃くなっていきました。

 

以外とシミって化粧では隠しきれないんです。

 

コンシーラーを使い始め、ファンデーションの色が今までよりも濃くなり、厚さは増し。

 

おかげさまで仕事やプライベートで男性と会ったときに初めの印象が年上に見られてしまうようになりました。

 

「ファンデーション結構塗ってるねー。もしかして結構年いってる?」

 

いや!私まだ20前半なんですけども!泣

 

というわけで、現在もシミに効くと言われればとりあえず色んなものを試しています。

 

(青森県、ニックネーム まのさん)